高知病院附属看護学校




学校案内

教育理念

本校は、看護専門職業人として看護活動を創造的に行うことができるための基礎的知識・技術・態度を教授する。そして、生命の尊厳を基盤とした豊かな人間性を養い、あらゆる健康レベル、社会の幅広い領域に応じて、個人・集団に対して意欲的に看護が実践できる看護師を育成する。

また、独立行政法人国立病院機構附属看護学校として、将来国立病院機構が担っている役割が果たせるよう政策医療分野における看護実践の基礎的能力の育成を図る。

教育目的

本校は学生に対し、看護師として必要な知識及び技術を教授し、社会及び独立行政法人国立病院機構に貢献し得る有能な人材を育成することを目的とする。

教育目標

  1. 生命の尊厳を重んじ、人間を身体的・精神的・社会的に統合された尊厳ある存在と受け止め、発達課題をもちながら成長発達する存在としてとらえる能力を養う。

  2. 人々の健康を自然・社会・文化的環境とのダイナミックな相互作用の観点から理解する能力を養う。

  3. 人間の多様な価値観を認識し、QOLを高めるよう専門職業人としての共感的態度および倫理的判断に基づいた看護実践ができる能力を養う。

  4. 人間の生活の場や健康状態に応じて、科学的根拠に基づいた看護実践ができる基礎的能力を養う。

  5. 人々が社会資源を活用できるように、保健・医療・福祉制度および他職種の役割を理解し、調整する基礎的能力を養う。

  6. 看護専門職業人として自ら啓発し、学習し続ける態度を養う。


主要概念の定義

本校では、主要概念を人間・環境・健康・学習・看護とし、次のように定義する。

人間とは、身体的・精神的・社会的存在としての統合体である。そして、環境との相互作用の中で発達課題をもち、絶えず変化し成長発達をする。

環境とは、自然・社会・文化・生活などの外部環境と生命体としての内部環境があり、その環境は、人間に直接的・間接的に作用し、健康状態を変化させる。

健康とは、自己実現をめざして個々の能力を最大限に活用し、環境に適応している状態である。

学習とは、学習者が経験を通して自らの可能性に気づき、主体的に行動を変容し、それを持続することである。

看護は、論理的思考を用いて、対象であるその人間の健康上の問題を明らかにし、もてる力を最大限に活用できるように支援することである。そのためには、対象との人間関係のプロセスをとおして、科学的根拠をもって援助の必要性を判断し、看護独自の技術を用いて、対象自らの主体的な行動変容を促し、個別に課題解決を行う能力を必要とする



卒業後の資格

本校は看護専門課程・看護学科(三年課程)です。本校を卒業後、

  • 看護師の国家試験の受験資格
  • 保健師学校・助産師学校・養護教諭特別別科の受験資格
  • 大学編入学の受験資格

を得ることができます。