トップページ>高知病院ご紹介・院長あいさつ

院長写真

独立行政法人
国立病院機構高知病院
院長 大串文隆

国立病院機構高知病院のホームページにアクセスしていただきありがとうございます。

国立病院機構高知病院は旧国立高知病院と国立療養所東高知病院が統廃合により平成12年10月1日に高度医療、臨床研究、教育研修、情報発信を4つの柱に新国立高知病院として開院いたしました。

平成16年からは独立行政法人国立病院機構高知病院に組織変更し平成27年より中期目標管理法人(非公務員型)に指定され今年の10月には開院16周年を迎えました。当院は高知市西部に位置し25診療科を有する病院で、がん、成育、骨・運動器、呼吸器、腎、免疫アレルギー、重症心身障害に関する医療を中心に全ての診療科で専門性の高い医療を提供し地域医療連携にも積極的に取り組んでいます。特に高知県がん診療連携推進病院の認定を受け診療機器も充実させ、がん診療の中心的施設として高度医療を提供しています。


我が国において重要な感染症の一つである結核診療においては専門施設として多剤耐性結核や難治性結核患者にも対応できるように体制を整えています。一般診療に関しては当院の特色として呼吸器疾患を多く扱っており、内科系、外科系の垣根をなくし診療科の連携を深め、より円滑な医療が提供できるよう呼吸器センターを開設し県下有数の呼吸器疾患診療の中心的な施設として広く地域に貢献しております。また、消化器疾患についても消化器センターを開設し外科系、内科系医師の連携を密にして診療にあたっています。医師は高知大学と徳島大学から大部分は派遣されていますが、今年度の人事異動で外科系の診療科、特に呼吸器外科、外科、整形外科、婦人科がさらに強化でき、手術件数も着実に増加してきております。

高知県では近い将来南海トラフ地震が発生することが想定され災害対策が進められていますが、災害時には立地条件から高知病院のみが病院として機能できると想定されています。高知の災害拠点病院としてどのような状況にも対応できるような体制を確立していきたいと思っています。

臨床研究部では根拠に基づいた医療(EBM)を推進するための臨床研究や多施設との共同研究に参加し多くの実績をあげています。また、治療薬剤の早期臨床使用を目指した臨床治験は臨床研究部にとって最も重要な業務の一つですが、当院では多くの治験に症例を登録し新薬開発に大きく貢献しております。

教育研修については卒後臨床研修の管理型病院として初期研修医を受け入れ若手医師の育成を行っていますし、後期研修医の教育にも診療科をあげて取り組んでいます。
高知大学、徳島大学の医学部学生の実習施設でもあり、高知大学においては最も実習希望者の多い病院といわれています。併設する附属看護学校では高度専門医療に対応できる質の高い看護師の育成に努めています。その他、多施設からの薬学生、助産学生、理学療法、臨床検査、放射線の研修生、救命救急士を受け入れて実習指導等を行い優秀な医療従事者を育てるため病院をあげて取り組んでおります。

高知病院の基本理念は「私達は心のこもった医療を行い地域に信頼される病院になることを目指します」ですが理念に沿って、これからも地域における基幹病院として地域医療に貢献していきたいと思います。今後ともご指導、ご協力賜りますようお願い申し上げます。

平成28年10月1日