トップページご利用される皆さまへ外来・受診案内麻酔科 >手術が終わると

麻酔科

■手術が終わると

手術が終わると全身麻酔をさまして、意識が回復してきて、
自分で十分に呼吸ができるようになり、全身状態が安定したのを確認して、
病室に戻ります。行った手術や、終了時の状態によっては、
集中治療室へ行くこともあります。

全身麻酔では、病室に戻ってからも十分に覚めるまで
数時間かかることもあります。しばらくの間眠り続けたり、
手足を無目的に動かすこともありますが、心配はいりません。

手術後に手術を行った部位の痛みが出てきたり、
吐き気がしたりすることがあります。

痛み止めの薬、吐き気止めの薬がありますから、看護師に伝えてください。
手術後には痰が発生しやすくなります。
痰がそのまま肺の中にたまってしまうと、肺炎になって
退院が遅れることがあります。

あらかじめ手術前に深呼吸や、痰を出す練習を行っていただくこともあります。
手術が終わってからは、時々深呼吸をして、痰があれば
咳を積極的に行って痰を出してください。