トップページご利用される皆さまへ外来・受診案内麻酔科 >麻酔の種類

麻酔科

麻酔の種類

■全身麻酔

顔に酸素マスクをあてて、点滴から麻酔の薬を入れると、
すぐに麻酔が効いて眠ります。麻酔中は自分では呼吸できないので、
しっかり麻酔が効いてから、口から気管に管を入れて、人工呼吸をしています。
管を入れるときに、弱い歯やグラグラしている歯では、
歯が欠けたり抜けることがあります。

もし、そのような歯がある場合には、手術前に麻酔科医に伝えてください。
手術が終わると、麻酔を覚まして、自分で呼吸ができるようになると、
気管に入れていた管を抜きます。この管のために、
手術後数日間喉が痛かったり、声がかすれることがあります。

■脊椎麻酔

局所麻酔の一種です。下半身の手術の麻酔によく使われます。
手術台の上で横向きになって、足をお腹に近づけて、背中を丸くしてください。
腰のところに細い針を刺して、脊髄の近くに薬を注射して、
下半身の痛みを感じなくします。
手術中は少し全身麻酔の薬を使って、眠っていることもできます。
下半身の感覚は、数時間程度でゆっくり戻ります。

■硬膜外麻酔

局所麻酔の一種です。胸やお腹を大きく切る手術で、手術後の痛みを
少なくするために使っています。手術中は全身麻酔をしています。

全身麻酔をする前に、手術台の上で横向きになって、足をお腹に近づけて、
背中を丸くしてください。背中から細い管(硬膜外チューブ)を
脊髄の近くに入れます。手術中は、硬膜外チューブから薬を注入して、
手術する部分を麻酔します。

手術後も痛み止めの薬を少しずつ注入して、傷の痛みが
少なくなるようにしています。必要がなくなった硬膜外チューブは、
簡単に痛みを伴わずに抜くことができます。