トップページご利用される皆さまへ外来・受診案内麻酔科 >麻酔とは

麻酔科

■麻酔とは

麻酔は痛みをなくし、手術の侵襲から患者様を守り、手術ができるようにします。
麻酔には、大きく分けて全身麻酔と局所麻酔があります。
全身麻酔では身体全体が麻酔状態になり、意識もなくなり、
全身のどこに痛み刺激を与えても感じなくなります。
局所麻酔では、手術をする部分を含む体の一部分のみが
痛みを感じなくなります。

局所麻酔には局所浸潤麻酔、伝達麻酔、硬膜外麻酔、脊椎麻酔
(脊髄くも膜下麻酔、腰椎麻酔)があります。
当院の麻酔科は、全身麻酔、脊椎麻酔、硬膜外麻酔を担当しています。
全身麻酔をすると、どんな手術でもできます。

一般に、小手術は局所麻酔で、お腹や胸の中、脳の手術は全身麻酔でします。
おへそから下の疾患(婦人科疾患、虫垂炎、痔、下肢の骨折など)の手術には、
腰から注射して下半身を麻酔する脊椎麻酔をすることがあります。

硬膜外麻酔は、手術の場所に合わせて背中から細い管(硬膜外チューブ)を
脊髄の近くに入れて、硬膜外チューブから薬を注入して、手術する部分を
麻酔する方法です。手術後も、硬膜外チューブから薬を少しずつ注入する
ことによって、手術による痛みが少なくなるようにしています。