トップページご利用される皆さまへ > DPCデータによる病院指標


DPCデータによる病院指標

はじめに

この指標は、厚生労働省から提示された病院情報の公表の集計条件に基づき、DPCデータから全国統一の定義と形式により作成しております。病院指標を公開する事で、当院の特徴や体制について理解を深めていただくことを目的としております。

DPC制度とは

DPCとは診断群分類の事で、入院期間中に治療した病気の中で最も医療資源を投入した一つの疾患とその治療内容の組み合わせにより、厚生労働省が定めた1日当たりの定額点数から入院医療費を計算する制度です。

指標の主な定義

  • 平成28年度(平成28年4月1日から平成29年3月31日)に退院された患者様のデータが対象となります。

  • 医療保険を使用された患者様のみ対象となり、自動車賠償責任保険や労災保険、自由診療の患者様は含まれません。

  • 年齢は入院時点の年齢により算出します。

  • 転院率は「転院症例数/全退院数」で算出しています。

  • DPC(診断群分類)コードとは、主要な疾患(病名)を基本として、手術・処置・副傷病名の有無などの組み合わせにより細分化された14桁のコードです。

  • 集計結果が10症例以下の場合は非表示「−(ハイフン)」となります。

DPCデータによる病院指標