トップページご利用される皆さまへ各部門案内>薬剤科


薬剤科の目標:「適切な医薬品管理」

薬剤科では、医薬品の品質の管理、薬に関する最新情報の収集・発信、
患者さまへの薬の飲み方や副作用についての説明を行い、
より安全で効果的な治療・検査を行っていただけるように
日々取り組んでいます。お薬について困っている事、分からない事があれば
お気軽に薬局窓口までお越しください。


薬剤師の業務内容

薬剤科では、適切な薬品管理を行うために次のような業務を行っています。

1.調剤業務

みなさんが病院で薬を受け取る、あるいは注射や点滴をするといった時、
医師が診察した後に「処方せん」を出し、それに基づいて薬剤師が薬を
取り揃えるといった基本的な流れがあります。ここでの、処方せんに基づいた
薬の取り揃えから実際に薬をお渡しするまでの流れを「調剤」といいます。
単に処方せんどおりに薬を準備するのではなく、薬の量や飲み合わせ、
飲み方や使い方が正しいかどうかのチェックも行っています。 当院では、
外来患者さまには原則として院外処方箋を発行しており、
入院中の患者さまの調剤を中心に行っています。


2.医薬品の情報管理業務

現在、次々と新しい薬が使われるようになっています。また、これまで使われていた薬に新しい使い方が発見されたり、逆にこれまで知られていなかった副作用が見つかったりします。こういった最新の情報を集め、薬が適切に使われるように医療スタッフや患者さまに情報を提供しています。

3.調製業務

治療に必要な薬の中には、市販されていないものや、いくつかの薬を混ぜて
使用するものがあります。また、雑菌のいない状態(無菌状態)で混ぜるべき
ものや、特殊な設備の中で混ぜないと危険なものもあります。薬局には、
こういった薬の調製に必要な専用の設備があり、そこで調製を行っています。

4.服薬指導業務

薬を安全に効果的に使うためには、正しい量を正しい方法で使う必要があります。 そこで、入院されている患者さまのところへ薬剤師が直接訪問し、薬の効果、 副作用、使用方法などの説明を行っています。また、患者さまが使用している薬の履歴を把握して、薬の重複や飲み合わせのチェックも行っています。 違う名前・形の薬でも、効き目が同じである可能性があるので、 使用していた薬・サプリメントは全てお知らせください。

5.薬品管理

治療に必要な薬がすぐに提供できるように、
薬の適切な在庫管理・保管を行っています。

6.その他

栄養サポートや感染症対策、医療安全対策、糖尿病教育など医療チームの一員として参加しています。