看護のご紹介

フロアマップと紹介

マップの各フロア名・ピンをクリックすると、説明が表示されます。

■1階フロア


■1階北1階中1階南 /
重症心身障害者

重症心身障害病棟
教育訓練室
総合案内
受付(1F企画科) / 薬局
医療相談室 / 栄養相談室
売店 / 自動販売機室
外科 / 呼吸器外科
脳神経外科 / 整形外科
泌尿器科 / 放射線科
歯科 / 救急処置室
透析室 / 理容室
花屋・アレルギー食品
キャッシュコーナー
外来ナースステーション1



■2階フロア



■2階
内科 / 神経内科
呼吸器科 / 循環器科
アレルギー科 / リウマチ科
消化器科 / 精神科 / 小児科
小児外科 / 皮膚科 / 産科
婦人科 / 耳鼻咽喉科 / 眼科
リハビリテーション科
臨床検査科 / 医局
臨床研究部 / 研修室
喫茶店
地域医療研修センター
外来ステーション2・3


3階フロア〜7階フロア


■3階南/外科
病棟301〜317 /
中央材料室 / 院長室 / 副院長室 /
統括診療部長室 / 事務部長室 / 看護部長室 /
事務室(管理課・3F企画課)
 
手術室
ICU(集中治療室)
■4階北/
小児科・耳鼻科・婦人科(救急病床)
病室451〜472
■4階南/周産期
病室401〜413 /
NICU / 新生児室 / 分娩室
■5階北/循環器科
病室551〜572
■5階南/
整形外科・泌尿器科・脳神経外科
病室501〜522
■6階北/呼吸器科・結核
病室651〜669
■6階南/消化器科
病室601〜622
■7階
食堂 / コインランドリー
浴室 / デイルーム



看護の特徴

当院は地域の中核病院としての役割を果たし、質の高い医療・看護を目指しています。
一般急性期診療ほかにエイズ拠点病院、政策医療として、免疫・呼吸器疾患(結核を含む)・
癌・腎疾患・成育・重症児(者)に関し高度で専門的な医療を展開しています。
さらに周産期医療も充実しており地域の信頼を集めています。
当院の看護の特色はこのように急性期・慢性期・癌・小児・重症児(者)・結核・周産期看護等々と、
幅広い看護を体験できることです。


看護活動

各委員会名をクリックすると、説明が表示されます。




認定看護師

感染管理認定看護師 / 副看護師長:原 昭恵
感染管理認定看護師としての役割は、患者様、ご家族、および医療従事者など
医療現場に関わるすべての人々を感染から守るために活動を実践することです。
内容としては、院内感染に関するデータを収集・分析すること
(院内感染サーベイランス)や感染防止物品の導入・教育・情報提供などが
あります。 より安心・安全な質の高い医療を 提供するために、
活動の場を院内といわず院外へも広げていきたいと考えています。

治験コーディネーター / 副看護師長:秋森 容子
治験管理室で治験コーディネーター(CRC)をしています。
治験とは、新しいお薬が患者さまのお手元に届く前の段階で
厚生労働省に認可を得るために行う臨床試験のことを言います。
CRCは主に治験に参加して頂いた患者さまのケア、医師の支援、
病院全体として治験に取り組めるよう各部署間の調整を行うのが大切な仕事です。
業務内容は多岐にわたりますが、患者さまと共に病気に取り組むことは
看護師としての職能を生かせる仕事だと思いますしやりがいを感じています。

疼痛認定看護師 / 主任医療相談員・副看護師長:長浦 英世
がん性疼痛看護認定看護師として、平成20年度より活動を開始しています。
がんの患者様の痛みは 1.身体的な痛み、2.精神的な痛み、3.社会的な痛み、
4.スピリチュアルな痛みがあり、 複雑に絡み合っていると言われています。
さまざまな痛みに対して、ケアしていけるよう、日々研鑽しています。
1階地域医療連携室にいますので、お気軽に声をかけてください。


看護の業績

  • 平成20年度院外研修参加一覧
  • 平成20年度院外研究発表実施一覧
  • 平成20年度雑誌等投稿掲載一覧


  • 看護における病院機能評価

    病院機能評価Ver.5は、平成20年4月の異動に伴い準備してきたメンバーが
    少し変更された状態での受審となりました。看護部が中心となり、
    看護師長は毎日のように集まり患者様の環境はどうか、不具合はないか確認し、
    あれば改善するよう話し合いスタッフに周知し、改善できたことを確認し合いました。
    おかげで無事に認定を頂くことができました。